関東Emacs Position Paper

Table of Contents

1 本日の発表   Ongoing

1.1 はじめに

ライブコーディングして欲しいと依頼がございましたので,
急遽,準備いたしました.

スライド本体は,kanto.org です.html上では, n, p で前後移動できます.

  1. [X] Mac で使うのが辛いのか?
  2. [X] 表計算で便利なことある?
    • YES
    • 基本は,SRC ブロックで計算すればよい.
      • demo
  3. [X] Google の地図だって見れるよ!
  4. [X] Tab bar は使いません
  5. [X] 辞書が便利
    • Let's re define the world.
  6. [ ] C-h は何に割り当てますか?

1.2 DONE 本日のポジションペーパーを出力してみる

  • org-mode で書いて,適当な形式でエクスポートします.
  • とりあえず,odt で見られば良いよね
    1. docxにも出力しよう.
    2. 出力範囲を限定しよう
  • ウェブサイトにエクスポートしてみる
  • でも,ox-pandoc も使ってみたいなー
    • 今後の課題にします.

1.3 DONE init.el は,Org-mode で管理する

1.4 DONE ログインIDを気楽に管理してみる   secret

ID hoge
PASS hogehoge
  • 利用コマンド
    • M-x org-encrypt-entry
    • M-x org-decrypt-entry
  • 留意点
    • ドロワが付くと復号できる場合がある

1.5 DONE (表計算)出勤時間を記録する

1.5.1 割り算の小数点表示精度の比較

100 3 33.333333 66.666666
200 3 66.67 133.3400000
300 4 075  
400 7 57.143  
  • orgバッファ上の記述
    • TBLFM 行で C-c C-c を押すと演算されます.
    • 複雑な式で,他のセルの結果を参照するしている場合は,表中で C-u C-u C-c C-c しておけばOKです.
  • (訂正)
    • 残念ながら, ;%.2f 等でセル中の出力形式を指定すると,それを参照するセルの演算は,精度が影響を受けるようです.失礼しました.
| 100 | 3 | 33.333333 |   66.666666 |
| 200 | 3 |     66.67 | 133.3400000 |
| 300 | 4 |       075 |             |
| 400 | 7 |    57.143 |             |
#+TBLFM: @1$3=$1/$2::@2$3=$1/$2;%.2f::@3$3=$1/$2;%03d::@4$3=$1/$2;%5.3f::@2$4=@2$3*2;%.7f::@1$4=@1$3*2

1.5.2 勤務日数

所定勤務日数 22
休日出勤 0
振替休日 0
勤務日数 22
勤務時間 176

1.5.3 一ヶ月分の勤怠ログ

  • 勤務時間:264[時間]
  • 残業時間:88[時間]
Date Hours IN   OUT   Flag   H        
1 13 9 30 22 30 1   13 9 30 22 30
2 13 9 30 22 30 1   13 9 30 22 30
3 13 9 30 22 30 1   13 9 30 22 30
4 13 9 30 22 30 1   13 9 30 22 30
5 13 9 30 22 30 1   13 9 30 22 30
6 0             0        
7 0             0        
8 13 9 30 22 30 1   13 9 30 22 30
9 13 9 30 22 30 1   13 9 30 22 30
10 13 9 30 22 30 1   13 9 30 22 30
11 13 9 30 22 30 1   13 9 30 22 30
12 13 9 30 22 30 1   13 9 30 22 30
13 0             0        
14 0             0        
15 13 9 30 22 30 1   13 9 30 22 30
16 13 9 30 22 30 1   13 9 30 22 30
17 13 9 30 22 30 1   13 9 30 22 30
18 13 9 30 22 30 1   13 9 30 22 30
19 13 9 30 22 30 1   13 9 30 22 30
20 0             0        
21 0             0        
22 13 9 30 22 30 1   13 9 30 22 30
23 13 9 30 22 30 1   13 9 30 22 30
24 13 9 30 22 30 1   13 9 30 22 30
25 13 9 30 22 30 1   13 9 30 22 30
26 13 9 30 22 30 1   13 9 30 22 30
27 0             0        
28 0             0        
29 13 9 30 22 30 1   13 9 30 22 30
30 13 9 30 22 30 1   13 9 30 22 30
31 0             0        
SUM 286         22 88 264        
  • 勤務時間:264[時間]
  • 残業時間:88[時間]

1.6 FOCUS ウェブサイトのデプロイ的ななにか

Emacs からコマンドを発行してデプロイ?
  1. HTMLエクスポート
  2. ファイルをデプロイ
  3. ブラウザで確認

1.6.1 ローカルサーバに出す

  • ソースブロック上で, C-c C-c で実行.
(org-html-export-to-html)
(shell-command "cp -r ~/Documents/GNU/関東Emacs/* ~/Sites/kanto/")
(shell-command "open http://localhost/kanto/kanto.html")

1.6.2 外部サーバに出す

  • ソースブロック上で, C-c C-c で実行.
(org-html-export-to-html)
(shell-command "scp -o ConnectTimeout=5 -r ~/Documents/GNU/関東Emacs/* orz:~/public_html/kanto")
(shell-command "open http://orzmode.org/kanto/kanto.html")
  • 実際の記述
#+BEGIN_SRC emacs-lisp :tangle no :results silent :exports yes
  (org-html-export-to-html)
  (shell-command "scp -o ConnectTimeout=5 -r ~/Documents/GNU/関東Emacs/* orz:~/public_html/kanto")
  (shell-command "open http://orzmode.org/kanto/kanto.html")
#+END_SRC

1.7 TODO org-test.org を使った解説

1.8 おわりに

おつかれさまでした.
JPEG 2000 使ってね.

Takaaki ISHIKAWA <takaxp@ieee.org>

2014-09-01 Mon 08:21